関連ブランド
関連デザイナー
関連用語
関連企業

ユベール・ド・ジバンシィ (Hubert de Givenchy)

記事中のリンクをクリックした時にツールチップを表示する
1927年〜 (90歳)
フランスのファッションブランドジバンシィ (Givenchy)の創立者。若くして「モードの神童」と評される。

彼自身もファンだったオードリー・ヘプバーンの主演映画である「麗しのサブリナ」の衣装を一部担当した。またジバンシーはショーのたびに彼女のための特別席を用意し、オードリー・ヘプバーン自身もジバンシーの商品を愛し続けたと言われる。
歴史
1927年2/21
パリ郊外のボーヴェ(フランス)にて、由緒ある貴族の家系に生まれる。5歳で父と死別し、その後は祖父の元で育つ。
1944年
ジャック・ファット、ロベール・ピゲ、ルシアン・ルロンの元で修行を積み、エルザ・スキャパレリのモデリストに就く。
1951年
最初のコレクションで発表したブラウスやドレスが絶賛され話題を呼ぶ。24歳にして「モードの神童」と評される。
1952年
ジバンシィ社を設立。
1955年
「自由なライン」として発表したウエストもヒップもないシュミーズ・ドレスが「革命的な衣装」として反響を呼ぶ。
1956年
レディースウェアラインGIVENCHY UNIVERSITYをスタート。
1962年
香水を発表。
1968年
プレタポルテの「ジバンシィ・ヌーベル・ブティック」開設。
1972年
男性化粧品を発表。
1973年
メンズウェアライン「GENTLEMAN GIVENCHY」をスタート。
1978年
デ・ドール賞を受賞。
1995年
オートクチュール・コレクションを最後に引退。後任デザイナーにはジョン・ガリアーノ (John Galliano)が就任した。
Copyright ©2009 Gyuut